【文房具】キャップ式シャープペンシル、3本を比べてみた。【KERRY、ZOOM505、PURE MALT】

さて、今回は文房具ネタです。

皆さんはどのようなシャープペンシルをお使いでしょうか?

最近では「クルトガ」や「デルガード」「オレンズ」などの、機能性シャープペンシルが人気ですね。男子中高生には、「スマッシュ」や「S20」などの製図用が、人気でしょうか。

そんな中、今回紹介するのは、キャップ式のシャープペンシルです。通常のシャープペンシルは、後ろをノックすれば芯がすぐにでる訳ですが、キャップ式の場合、キャップを外すという作業が入ります。ちょっと不便なのですが、根強い人気がありまして、今も種類は少ないですが、生産されています。

キャップ式の良いところは、ペン先が保護できることと、高級感があることでしょうか。

今回は現在も販売されている、キャップ式シャープペンシル3本を比較しながら、紹介したいと思います。

ぺんてる 万年CIL ケリー

発売されたのが、1971年と長い歴史を誇るキャップ式シャープペンシルです。キャップ式シャープと言えば、真っ先にこれを思い浮かべる人も多いかと思います。

万年CILは万年筆とシャープペンシルからの造語。最初はケリーの名前は無くて、後からつけられたものです。今も、ぺんてるのホームペーシでは、万年CIL(ケリー)という表記になっているので、万年CILが正式名称といったところでしょうか。

パッと見は高級感のあるデザインなのですが、すべてが金属製ではありません。キャップと中間のローレット部は金属ですが、軸は樹脂で出来ています。ゆえに軽さという部分でのメリットはありますが、高級感では劣ってしまいます。

私の持っているものは、限定カラーとして販売された、シャンパンゴールドです。キャップをした状態だと、全長124.5mmで、重さは21.5g。数値は、私が測った実測値です(以下同)。

キャップを後ろにつけた状態。全長は131.5mmです。後ろにセットすることで、ノック部分が出てきます。

キャップなしの場合は、全長は105.3mm、重さは15.3g。もちろんキャップをつけてもつけなくても、ノックできます。

キャップのほうに消しゴムがついています。キャップだけの状態だと、消しゴムは使えなくて、本体にセットすることによって、使えるようになります。

これがちょっと安っぽく見えるところ。樹脂部分に色むらがあります。これはシャンパンゴールドだけかな?なお、口金は外れません。

キャップのクリップ下側に、「KERRY SINCE1971」とはいってます。発売当初は、”数字の5″が大きく印字されていたことから、”ぺんてる5(ファイブ)”という愛称で呼ばれていたらしいです。

ローレットはすべり止めというよりは、デザインとして入れてると思われます。

芯は、本体後ろ側から入れます。この部分をこうやって見ると、プラスチック感が強いですね。

外せるところをすべて、外してみました。結構、外せますね。

万年CIL《ケリー》|商品紹介|ぺんてる株式会社
ボールペン、シャープペン、くれよん、絵の具、マーカー、修正具などの文具メーカーぺんてる株式会社。商品情報やおすすめ情報を提供しています。

現在のカラーラインナップは、黒、青、オリーブグリーン、スモーキーグレイ、ロゼの5色。価格は税別1,500円です。芯は0.5mm。限定カラーや、0.7mm芯の海外モデルもあって、ネットで検索すると、たくさんの種類がでてきます。

トンボ ZOOM505 sh

「ZOOM」は1986年に作られた、トンボのブランド。独創的なフォルムに、価値をおいているシリーズです。その第1弾として登場したのが、ZOOM505bw。アルミのボディに、万年筆のような極太のキャップ式水性ボールペンでした。翌年には、シャープペンシルが登場。こちらも高級感あふれる、ボディです。

ZOOM505は根強い人気を誇り、今現在も限定品を発売したり、複合型などの新たなラインナップを加え、進化しています。

シャープペンシルとしては、かなり太いですが、握る部分は少し細くなっています。キャップをした状態だと、全長135.0mm。重さは35.9gとかなり重めです。

キャップを後ろにつけた状態。全長は146.0mmです。ノック部分は無く、キャップ自体をスライドさせて芯を出します。

キャップしない場合は、全長は120.4mm、重さは28.8g。

キャップをつけないときは、ノックボタンを押して、芯を出します。

後ろ軸を外して芯を入れますが、消しゴムが一応ついてます。実用性としては、イマイチですが、緊急時には使うことが出来ます。

グリップ部はラバーが使われています。パイロットのドクターグリップのような、プニプニでは無いので、すべりにくくするようにでしょう。口金は外れます。

クリップ下側には、トンボのマークとtombowの文字が入ってます。

外せるところをすべて、外してみました。こちらも結構、外せますね。芯詰まりを考えると、口金が外れるのは、良いですね。消しゴムはオマケ程度の考えで。

ズーム 505 | 株式会社トンボ鉛筆
トンボのデザイン筆記具「ZOOMシリーズ」の第一弾。

現在のカラーラインナップは、シルバー、ブラック、ブラウン、アズールブルー、レッドの5色。価格は税別2,000円です。芯は0.5mmですが、シルバーのみ0.9mmモデルもあります。

三菱鉛筆 ピュアモルト M5-5015

最後に紹介するのは、三菱鉛筆のピュアモルトシリーズの1本。正式名称はピュアモルト(オークウッド・プレミアム・エディション) キャップ式と言います。ピュアモルトシリーズは、軸部分にウイスキーを熟成・貯蔵していた樽を、再利用して使っています。素材としては、オーク(楢)です。この説明をすると、匂いを嗅ぐ人がいらっしゃいますが、ウイスキーの匂いはしませんので(笑)

実はこの樽の手配が大変なようで、ピュアモルトシリーズは欠品すると、再生産に結構時間がかかります。それはさておき、キャップをした状態だと、全長136.5mmで、重さは26.5g。

キャップを後ろにつけた状態。全長は140.6mmです。

キャップを後ろにセットすると、キノコみたいなノック部分が飛び出します。

キャップしない場合は、全長は118.9mm、重さは17.1g。

キャップをしないときは、こちらをノックします。

芯はここから入れます。他の2本と違い、消しゴムはついていません。

グリップ部分も木製です。軸と同じように、使い込めば味が出てくるのが特徴。艶が出るのと同時に、ひび割れなどもでてきます。使い込んだ感がでるのが、良いですね。

キャップ部分はクロームで指紋や汚れがつきやすいのが、ネックか。中間リングにはPURE MALTの文字が刻まれています。

外すところがありません!

ピュアモルト(オークウッド・プレミアム・エディション) キャップ式|ピュアモルト(シャープ)|三菱鉛筆株式会社
三菱鉛筆 ピュアモルト(オークウッド・プレミアム・エディション) キャップ式の一覧です。

カラーバリエーションは無くて、この一種類のみ。価格は税別5,000円と3本の中では、一番高いのです。材料費が、高いのでしょうね。

まとめ

ということで、3本のキャップ式シャープペンシルを紹介しました。改めて数字を比較します。

全長 キャップ後時の長さ 本体のみ
長さ
重量 本体のみ
重量
価格
KERRY 124.5mm 131.5mm 105.3mm 21.5g 15.3g 1,500円
ZOOM505 135.0mm 146.0mm 120.4mm 35.9g 28.8g 2,000円
PURE MALT 136.5mm 140.6mm 118.9mm 26.5g 17.1g 5,000円

KERRYは短くて、軽く、コンパクトな作り。値段も手頃ですし、オススメしやすいです。他の人と同じじゃヤダという人には、限定ものや海外モデルもあります。

ZOOM505は、高級感のあるシャープペンシルを使いたいという人に。水性ボールペンも合わせて持つのも、良いと思います。

ピュアモルトは、1本をとことん使い込みたいという人に。ピュアモルトシリーズは、使い込むことに意味があると思います。ちょっと値段が高い気もしますが。最後に私のピュアモルトを。

ボールペンが一番古くから持っているもの。ガンガン使っていたので、ひびや艶など、いい感じになってます。他のものは、まだまだこれからです。右側のものは、印鑑(シャチハタみたいなもの)です。大事にとっておくより、ガンガン使うのがオススメです。

以上、キャップ式シャープペンシル、徹底比較でした。あなたのお気に入りが、見つかりますように。

タイトルとURLをコピーしました