角川スニーカー文庫スニーカー・ミステリ倶楽部について

さて、今回は角川スニーカー文庫のスニーカー・ミステリ倶楽部についてです。

ライトノベルでミステリの話題になると、よく挙がるのが富士見ミステリー文庫とスニーカー・ミステリ倶楽部です。コバルト文庫などの少女小説では80年代から続くミステリの流れがある(赤川次郎の影響か?)のですが、男子向け狭義のライトノベルでは90年代ファンタジー・SF一色となり、ミステリの流れはなくなってしまったようです。謎があればミステリと言うならば、ミステリ要素のあるファンタジー・SFはあるでしょうが、謎解きを中心とした推理小説、探偵小説といったものは、90年代のライトノベルにはほぼ無いようです。

そんな中、2000年に入って突如発生したミステリを冠したレーベルが先程あげたふたつのレーベルです。2000年11月から2009年3月まで続いた富士見ミステリー文庫はそれなりにファンもいるのですが、角川スニーカー文庫スニーカー・ミステリ倶楽部に関しては、あまり語られることはありません。

ネットで検索してみても、出てくるのは短命に終わった、米澤穂信がデビューしたレーベルという話題くらいです。そこで今回ちょっと詳しく調べてみることにしてみました。

角川スニーカー文庫 スニーカー・ミステリ倶楽部とは

まずは角川スニーカー文庫スニーカー・ミステリ倶楽部(以下、スニーカー・ミステリ倶楽部)の基本的なことです。

まず何をしてミステリ倶楽部とするかですが、2001年11月の創刊から始まるスニーカー文庫内サブレーベル作品で、2013年まで使われた角川文庫の分類番号が900番台のものをスニーカー・ミステリ倶楽部とします。「ラノベの杜」のデータベースと、出版された文庫のソデに記載されたリストから探し出しました。

今回、入手が難しい米澤穂信作品以外をすべて集めました。当然のことながらすべて古書で入手です。スニーカー・ミステリ倶楽部として出版された作品数は18作品。シリーズものはアンソロジーが6作、矢崎存美「Dear My Ghost」シリーズが3作、米澤穂信「古典部」シリーズが2作で、これら以外はノンシリーズです。

短命に終わった、スニーカー・ミステリ倶楽部

短命に終わったと語られるスニーカー・ミステリ倶楽部ですが、実際のところ、いつまで続いたのかあまり語られることはありません。そこでスニーカー・ミステリ倶楽部として出版された最後の作品を調べたところ、2003年03月に出版されたアンソロジー『血文字パズル』が最後だったようです。

第1回目の配本が2001年11月なので、わずか1年半くらいで終わっています。富士見ミステリー文庫が9年程続いたことを考えれば、やはり短命だったといえるでしょう。

※富士見ミステリー文庫は2003年12月にミステリから青春恋愛路線(LOVE寄せ)に変更しているので、ミステリ路線としては実質3年ほどといえるかもしれません。

装丁

スニーカー・ミステリ倶楽部の特徴としては装丁を見ると、下1/3が黒帯、中央やや下に英語タイトル、背表紙が黒地に白文字であること。イラストは従来のスニーカー文庫のようなポップ(アニメチック)なものは少なくて、重々しい感じのものが多く、カラー口絵が1ページのみ、本文イラストなしが基本です。装丁を含めてスニーカー文庫というよりも、角川ホラー文庫に近いといえるでしょう。

またマークも角川ホラー文庫と同じく、円形となっています。印刷では分かりづらいですが、通し番号がきちんと振られています。画像は清涼院流水『みすてりあるキャラねっと』につけられたマークを切り抜いたもの。

キャッチフレーズ

映島巡『ダミーフェイス』帯

スニーカー・ミステリ倶楽部のキャッチフレーズは「君しか、解けない。」です。文庫に掛けられた帯やチラシにこのフレーズが使われております。また、チラシには綾辻行人の「混沌の新世紀。新たな謎〈ミステリ〉の、想像の波を──。」が使われております。

アンソロジーが中心

スニーカー・ミステリ倶楽部の特徴は、アンソロジーが毎回配本されたこと。アンソロジーの書き手は普段スニーカー文庫で書いている作家ではなく、名の通ったミステリ作家というのが特徴です。しかもアンソロジーはすべて書き下ろし作品であることから、かなり力を入れていたことが想像されます。

テーマは第1回目名探偵、第2回目殺人鬼、第3回目密室、第4回目時間(アリバイ)、第5回目はミステリを離れてホラー、第6回目ダイイングメッセージとなっています。

ライトノベルのアンソロジーを調べる その2【スニーカー・ミステリ倶楽部編】
さて、今回はライトノベルのアンソロジーを調べるシリーズ第2弾、スニーカー・ミステリ倶楽部編です。 ...

一般文庫に移行した作品

スニーカー・ミステリ倶楽部で出版されたあと、本家の角川文庫に移行した作品が3作品あります。米澤穂信の「古典部」シリーズ2作品が有名ですが、もう1つはというと、とみなが貴和『夏休みは命がけ!』です。

ネットの中古書店で購入する場合、書影にスニーカー文庫版が使われていても、送られてくるのは角川文庫版ということもありますので注意が必要です。特に米澤穂信2作品は高確率で角川文庫版になるかと思います。

『夏休みは命がけ!』角川スニーカー文庫版と角川文庫版

移行ではなくて完全版として、後に加筆修正及び作品を追加して出版されたのが清涼院流水『みすてりあるキャラねっと』。『キャラねっと完全版 愛$探偵ノベル』として出版されています。

完全版に映るモニターにはスニーカー版イラストが表示。

ラインナップ

スニーカー・ミステリ倶楽部のラインナップを配本順にまとめてみました。カッコ内の数字は分類番号です。

タイトルをクリックすると、amazonにジャンプします。

第1回配本 2001年11月

ミステリ・アンソロジー I 名探偵は、ここにいる(S901-1)
Dear My Ghost 幽霊は行方不明/矢崎存美(S902-1)
匣庭の偶殺魔/北乃坂柾雪(S903-1)
氷菓/米澤穂信(S904-1)
ダミーフェイス/映島巡(S905-1)

第1弾は全5作品。アンソロジー『名探偵は、ここにいる』は太田忠司、鯨統一郎、西澤保彦、愛川晶とそうそうたる顔ぶれですべて書き下ろし作品。10代の読者を意識したであろう、読みやすくて楽しい作品集で、ミステリ入門書として最適かと思います。

スニーカー・ミステリ倶楽部『名探偵は、ここにいる』を読んで

『Dear My Ghost 幽霊は行方不明』は、幽霊とともに殺人事件を解決するファンタジックミステリ。『ダミーフェイス』は殺人事件から終盤、伝奇小説的な超展開が楽しい作品。なお、映島巡は永嶋恵美の別名義とのことです。両作品ともライトノベルらしい特徴をもたせたミステリといえます。

『匣庭の偶殺魔』は、多少読みにくさがありますが、新しいことをやってやろうという意気込みを感じる作品。主人公が大学生なので、10代向けよりももう少し上、20代前半までを狙った作品なのかもしれません。なお、あらすじやチラシなどで、第5回角川学園小説大賞奨励賞受賞とありますが、受賞作は別(未刊)で、この作品が受賞した訳では無いとのことです。

角川学園小説大賞ヤングミステリー&ホラー部門 - アジアミステリリーグ
2015年4月26日 角川学園小説大賞「ヤングミステリー&ホラー部門」の歴史を振り返りつつ、北乃坂柾雪『匣庭の偶殺魔』(2001年11月1日刊行)が第5回角川学園小説大賞ヤングミステリー&ホラー部門奨...

『氷菓』に関しては、アニメもヒットし、もう散々語り尽くされている青春ミステリの傑作。学校内で殺人事件が起こるよりも、こういった「日常の謎」が学園モノにフィットすることを知らしめた作品と言えるのかもしれません。

第1弾に挟まれるチラシには、第2回・第3回配本の予告があります。

第2回配本 2002年02月

ミステリ・アンソロジー II 殺人鬼の放課後(S901-2)
アクアリウムの夜/稲生平太郎(S906-1)
水の牢獄/咲田哲宏(S907-1)
アザゼルの鎖/梅津裕一(S908-1)

第3回配本 2002年04月

ミステリ・アンソロジー III 密室レシピ(S901-3)
Dear My Ghost II 幽霊は身元不明/矢崎存美(S902-2)

第1回配本時の予告では、アンソロジーほか2点となっていたのですが、アンソロジー以外は1点しか配本されませんでした。

第4回配本 2002年08月

ミステリ・アンソロジー IV 殺意の時間割(S901-4)
愚者のエンドロール/米澤穂信(S904-2)
夏休みは命がけ!/とみなが貴和(S909-1)
僕の推理とあの子の理屈/村瀬継弥(S910-1)

第5回配本 2002年11月

ホラー・アンソロジー 悪夢制御装置(S901-20)
Dear my Ghost III 幽霊は生死不明/矢崎存美(S902-3)
みすてりあるキャラねっと/清涼院流水(S911-1)

※『みすてりあるキャラねっと』は左開き、カラー口絵も8ページとスニーカー・ミステリ倶楽部の中では装丁も含めて少々異色の作りです。

第6回配本 2003年03月

ミステリ・アンソロジー V 血文字パズル(S901-5)

スニーカー・ミステリ倶楽部最後の作品となったこちらは、従来の装丁とは異なりミステリ倶楽部らしさがありません。唯一、それを感じさせるのは背表紙とマークのみです。

スニーカー・ミステリ倶楽部はどこを目指したのか?

出版された作品タイトルを見てきましたが、さてスニーカー・ミステリ倶楽部は何を目指していたのでしょうか。すべての作品を読み終えていないので、まだ何ともいえません。

同時期の富士見ミステリー文庫はキャラクターミステリーという新ジャンル確立を目指したとWikipediaにかかれていますが、スニーカー・ミステリ倶楽部は何を目指したのか。既存のミステリ作家によるアンソロジーは、10代の読者にミステリの面白さを伝えようとしているように思えますが、それら以外の作品ではどこを目指したのでしょう。

富士見ミステリー文庫の場合は、ファンタジー色の強い富士見ファンタジア文庫との差別化が1つのポイントとしてありましたが、角川スニーカー文庫の場合、そんなにファンタジーレーベルとしての色はついていないし、本家の角川文庫もあります。あえてスニーカー文庫でミステリレーベルを作る必要はなかったかもと、今のところの思っております。

タイトルとURLをコピーしました