※このサイトでは、アフィリエイト広告を利用しています

【その6】90年代の富士見ファンタジア文庫 単巻ラノベまとめ【暫定版】

さて、今回は90年代に富士見ファンタジア文庫から出版された単巻ラノベをまとめたもの、第6弾です。90年代のラノベに興味を持って読んでみようと思っても、どれも複数巻の長いものばかり。サクッと90年代を味わえるラノベはないものか?と感じた私と同じような人のために、まとめておきます。

<<【その5】90年代の富士見ファンタジア文庫 単巻ラノベまとめ

【その7】90年代の富士見ファンタジア文庫 単巻ラノベまとめ>>

なお、既読作品には星印でオススメ度を添えてあります。未読のものは未評価で、今後読み終わり次第、評価をつけていく予定。あくまでも個人的な好みです。

5.0 必読。これを読まずして、何を読む。
4.0 面白い。読んで損は無し。
3.0 面白い。楽しめます。
2.0 それなりに面白いかも。
1.0 時間があれば、読んでみるのも一興。

大雑把な評価ですが、もし読んだことがないものがあれば、参考にしてください。

エルネミアの棺 異相界の凶獣 / 対馬 正治

著者:対馬 正治
イラスト:幡池 裕行・小河 原亮
発売日:1996/02

オススメ度:未読

月王 / 櫻井 牧

著者:櫻井 牧
イラスト:鈴木 理華
発売日:1996/02

月王 (富士見ファンタジア文庫 70-1)
KADOKAWA(富士見書房)
¥99(2024/05/16 17:43時点)

オススメ度:未読

俺の足には鰓がある 悪の改造人間純情編 / 富永浩史

著者:富永浩史
イラスト:あさりよしとお
発売日:1996/03

ある日突然、彼女が俺のアパートを訪ねてきた。あらぬ期待に盛り上がる俺に、彼女が衝撃の告白を。「私ね、改造されちゃったのよ」そう、彼女は悪の秘密結社の改造人間になったのだ。呆気にとられる俺。呆気にとられているだけで済めば良かったのだが、彼女は俺をスカウトしようとする。彼女に頼まれると嫌とは言えないのが俺という人間のサガだ。彼女の勤務評定アップのため、秘密結社インバーティブリットの一員となった俺が遭遇する、組織の内紛、謎の無敵ヒーロー。これぞ世界初、トクサツピカレスク・ラブコメディ。ああ、俺と彼女の幸福な日々はいつおとずれるのだろうか。

特撮ヒーローものを悪の組織側から描いたコメディであり、改造人間ラブコメ。好きな女の子が悪の組織に改造されちゃって、その子の点数を上げるために主人公も改造されてしまう。そして、悪の組織での日々、最後には正義のヒーローとの戦いが待っています。

作者の特撮ものと無脊椎動物への愛が溢れた作品。

【90年代単巻ラノベを読む19】富永浩史『俺の足には鰓(えら)がある』を読んで
さて、今回の【90年代単巻ラノベを読む】は、「死天使は冬至に踊る」で第五回ファンタジア長編小説大賞佳...

オススメ度:

Ninja者 / 川口 大介

著者:川口 大介
原案・イラスト:菅沼 栄治
発売日:1996/05

ここは山奥、忍者の隠れ里。今日もサクラほか六名の見習い忍者たちは厳しい修業に励んでいる。「マツリ、よくもあたしの団子を食べたわね」「サクラこそわたしのおまんじゅう」…まあとにかく元気ではあるようだ。だがそんな日常を打ち破る事件が起こった。村を訪れた不気味な虚無僧が、仲間のユメをさらって行ってしまったのだ。すぐさま助けに向かう若きNinjaたち。だが彼らの行く手には、常識を遙かに外れた虚無僧の部下たちがてぐすねを引いて待ち構えていたのだった。アクションにつぐアクション。爆笑につぐ爆笑。人気OAVの魅力を新鮮パック。オリジナルストーリーで贈るスーパーパワフルコメディ登場。
Ninja者 (富士見ファンタジア文庫 64-2)
KADOKAWA(富士見書房)
¥1(2024/05/16 20:51時点)

オススメ度:未読

シャドウラン・ノベル First Run 漆黒の戦鬼 / 江川 晃

著者:江川 晃
イラスト:士貴 智志
発売日:1996/09

桂にはその光景が信じられなかった。あの誰よりも強くしたたかだった師匠の殺が、たった一匹のトロールになす術もなく倒されたのだ!ただ一人の身内を殺された彼女は仇のトロールを探して街をさまよい歩く。スクープを狙うジャーナリスト。影で暗躍するなぞの男。自然とともに生きる精霊使いの老婆。そして次第に明らかになるトロールたちの悲しいさだめ…。さまざまな人のさまざまな生きざまに出会い、いつしか復讐を越えた自分の生き方について考えるようになっていく桂。だがその裏で事件は静かに進行していたのだった―。21世紀のTokyo。魔法と科学が共存する混沌の近未来を舞台に繰り広げられるSFアクションノベル登場。

オススメ度:未読

呪法宇宙 カルシバの煉獄 / 日下部 匡俊

著者:日下部 匡俊
イラスト:るりあ046
発売日:1997/01

宇宙へと進出した人類。彼らはそこで、理解の範疇を遙かに越えた、全く異質の『存在』と出会うことになる…星輪連合軍曹長、オーガ・ソリューは、住民救出の任務を負って、惑星カルシバに降下する。彼がそこで遭遇したのは、先史時代の蛮人のような格好をしたヒューマノイドだった。彼らには、一切の物理法則が通用しなかった。杖を振るだけで、『奇跡』を起こすことができた。そう、まるで『魔法使い』のように。超常的な力によって、ソリューの部隊は全滅する。ソリューはたったひとり、新型の強化服「TEMS」を駆って、生き残るために『魔法使い』たちと戦う。終わりなき逃避行の果てに待つのは、生か、死か、それとも真実か。

オススメ度:未読

杖術師夢幻帳 / 昆 飛雄

著者:昆 飛雄
イラスト:針玉 ヒロキ
発売日:1997/01

紅い羽織に金の文字「日下開山」「兵法天下一」、なんとも人を喰った文句を染め抜いて、嘘か真実かこれまでに敗北をきっした相手は宮本武蔵ただ一人という。そうとは見えぬ優男、それが華麗なる武芸者・夢想権之助だ。武者修業といいながら、江戸でのんきに暮らす夢想権之助を、奇怪な技を使う忍びの集団が襲う。忍びたちの狙いは何か?鍵は権之助の故郷・鹿島にあるらしい。愛用の杖をたずさえ、権之助は放立つ。鹿島の杜にたちこめる暗雲を打ち払うために!選考委員も驚いた。痛快時代伝奇。第八回ファンタジア長編小説大賞準入選作。

オススメ度:未読

マリオン&Co.黄金郷に手を出すな / 新城 十馬

著者:新城 十馬
イラスト:村田 蓮爾
発売日:1997/05

郵便配達係にクレムリンの便所に落書きをさせる。たったそれだけで、ベルリンの壁を壊し、天安門事件を引き起こし、ソ連を崩壊させた男のひとり娘―彼女こそ天才的トラベルメーカー、マリオン・ヴァレンタイン!彼女の可愛らしい好奇心と些細な悪戯心の行き着く先は、なぜかいつも地球規模の大混乱だ!!そんなマリオンがCIAのトップシークレットを嗅ぎつけた。なんと南米の古代遺跡に10万tの黄金が眠っているらしい。こんな面白そうな玩具、爆弾娘が見逃すはずなし!早速、南米に飛んだマリオンをマークし、世界が動き始めた。

トリックと冗談と騙しを遺伝子に染みこませた少女マリオンとその仲間が10万トンの黄金を巡り、騙し騙されつつのノンストップジェットコースターノベル。

キャラクターは面白いのですが、物語が悪い言い方をすれば行き当たりばったり。展開にもう少し納得できるものがあれば良かったのですが……

オススメ度:

魔法学園LUNAR! / 杉谷 祐

著者:杉谷 祐
イラスト:窪岡 俊之・今掛 勇
発売日:1997/05

不気味な魔物たちがにじり寄ってくる。「あたしにも魔法が使えたら…」ついに崖へと追いつめられてしまった少女が、心の底から願う。もう魔法が使えていい年頃なのに魔法が使えない、そんな悩みを抱えていたエリーを絶体絶命のピンチから救ったのは空を飛ぶ魔法だった。魔法が使えたうれしさとおどろきのなかでエリーは決心していた。もっと魔法が使えるようになりたい。自分の力で村のみんなを守りたい!やる気満々のエリーは魔法学園に入学する。移動する島イェンにある学園は、とっても不思議で魅力的で、でも冒険と試練に満ちたところだった―。

オススメ度:未読

友井町バスターズ / 水無月 ばけら

著者:水無月 ばけら
イラスト:森山 大輔
発売日:1997/06

ぼく、勝亦ひかる。富士山の見える町、友井町に住む、小学校五年生。ある金曜日、親友の雨森康雄ことキャンディが、クラスメイトの柿ピーが失踪したってことを知らせてきたんだ!こうしちゃいられない。ぼくは早速、キャンディと、超能力を持っている(らしい)ぼくの妹きららとともに、柿ピーを捜す旅に出発した。だけど、それがあんなに凄い大冒険になるとは、その時のぼくにはわからなかったんだ…。第八回富士見ファンタジア長編小説大賞の準入選に輝いた作品。ピチピチの新鋭が描く、ハートフルで懐かしい、ファンタスティック・アドベンチャー。

近未来を舞台にした、男子3人女子1人のひと夏の冒険もの。近未来を舞台にしているので、宇宙船や警備ロボットも登場するジュブナイルSFといったところ。

【90年代単巻ラノベを読む16】水無月 ばけら『友井町バスターズ』を読んで
さて、今回の【90年代単巻ラノベを読む】は、96年の第8回富士見ファンタジア長編小説大賞の準入選作品...

オススメ度:

エーベルージュ 魔法を信じるかい? / イタバシ マサヒロ

著者:イタバシ マサヒロ
イラスト:北爪 宏幸
発売日:1997/06

ぼくは帰ってきた。9歳から11歳まで、2年間を過ごしたこの学園に。3年ぶりにあった男友だちとは、自然に接することができた。でも、女の子たちとは昔のまま、とはいかない。離れていた3年間の間に、まったく“オンナ”になってしまった彼女たち。男勝りの性格はそのままに、猫みたいな魅力を漂わせるリンデル。演劇部のヒロイン、エルツ。すっかり“お嬢様”が板についてきたカステル。そして、ぼくのルームメイトだったノイシュ。あいつは…プリミティヴなときめきを綴る、人気育成シミュレーションゲームのノヴェライズ。

恋愛シミュレーションゲームのノベライズですが、ゲームにあったSF的な要素を切り捨てて、恋愛に絞っています。漫画「BOYS BE…」の原作者らしいといえばらしい作品。物語はそれほどパッとしない主人公が、学園内の美女たちと何故かいい感じになって…といったもの。中学生くらいの淡い妄想的なもので、可愛らしい物語です。

オススメ度:

とりあえずまとめ

以上、96年2月から97年6月までに出版された単巻作品の紹介でした。

<<【その5】90年代の富士見ファンタジア文庫 単巻ラノベまとめ

【その7】90年代の富士見ファンタジア文庫 単巻ラノベまとめ>>

90年代の富士見ファンタジア文庫 単巻作品まとめリスト
90年代の富士見ファンタジア文庫の単巻作品をリスト化しています。一覧で見たい方はこちらを。
タイトルとURLをコピーしました